LAST UPDATE 2012/11/26

 

ニートの語り部屋

 ニート問題について

実際ニートだった管理人が語るのもおかしいですが、
ニート問題はこれからの日本を考えた上でも無視できない問題でしょう。

日本の場合、就労できるはずの人材であっても、
職につかずニートであったりします。これは非常に勿体ないことです。

確かに就職したくても、雇用条件に満たない場合、
なかなか就職できないケースはあります。

雇用条件は業界、業種によって異なりますが、
年齢・学歴・職歴・スキル(ビジネスetc)・前職での実績など、
やはりどの企業も即戦力を求めるからです。

企業としてもより有能な即戦力の人材を取りたいのは、
人材教育、成長させることにさくほど予算が割けない、体力がないためです。

有能な人材でなければ必要ないとなれば、「働く気はあっても働けない」というのが、
ニートをニートのままにしてしまっているのが問題でもあるでしょう。

またニートに対する社会のイメージから、
ニート=働く気がない人達と認識されているのも問題でしょう。

ニートのおおよそ8割の人は労働意欲があるといわれています。

しかし実際はニートとしてのブランク期間が
採用の時にマイナス要因として企業側に映ってしまう面も否めません。


それから「正社員で雇用してほしい」「優良な企業(ブラック企業ではない)で働きたい」
と思っても実際にはなかなか難しく就職できない現状です。

例えば雇用形態からみてみても、企業側の雇用形態にも問題はあるでしょう。

管理人としては「正社員で雇う」ことは、労働者のためだけでなく、
将来的に見た時には企業にとってもプラスになると思っていますが、
現状では企業側は正社員で雇用するよりも非正規雇用する傾向があります。

人件費削減などの理由で非正規雇用をするわけですよね。

それとブラック企業への就職に関してはある程度避けることはできる
(インターネットなどで調べればわかる時もある)とはいえ、
ハローワークの求人にもブラック企業の求人があるぐらいなので、
就職してみなければわからない場合も多いです。

ブラック企業に就職することで、再度仕事に対しての意欲はなくなり、
退職→再度ニートといった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

それから日本国にとってみてもニートが増えるのは大きな問題となります。

まず税金が徴収できないということです。所得税は徴収できないのにも関わらず、
ニートの支援に国が税金を使って支援しているため、 税収のバランスが崩れていきます。

ただでさえ社会保証問題などある上に今後ニートが増加していくことにもなれば、
労働力の低下、税収減による他の税金の増額などが考えられます。

もしこのままニートが増えていけば、日本社会にとっても大きな弊害になっていくでしょう。


 →Pre Page →Next Page 

MENU

© 2012 ニートの語り部屋